ストレスだけではない原因|腰痛の原因は人それぞれ|腰痛解消グッズも人気です

腰痛の原因は人それぞれ|腰痛解消グッズも人気です

ドクター

ストレスだけではない原因

ナース

生活リズムに着目

自律神経失調症の場合、交感神経の働きが高まるため、血圧や脈拍数の上昇が挙げられ、高血圧になりやすく、臓器に負担を掛けてしまいます。さらに交感神経の働きは、血中に糖分を異常に高めようとする作用があり、糖尿病リスクも問題視されています。このことからも、心療内科を含め、精神科や脳神経外科などとの連携を図ることが医療業界で進められています。また、機能が働き過ぎる交感神経と、機能が低下した副交感神経のバランスだけではなく、生活リズムの狂いもプラスされるのが自律神経失調症の特徴となるため、ライフスタイルをサポートするヘルスアドバイザーの活躍が近年期待されています。心と体のバランスのみに着目するのではなく、生活の送り方までに関与する取り組みです。例えば、暮らしの中のどこにストレスの元があるのかなど、アドバイザーが緩和ケアに励む方針です。

誰もが陥る病

自律神経失調症を患う方は、メンタル面に弱さがある・免疫力が低下しているなど、一般的に弱さから招く病気と誤認されています。注意すべき点として、自律神経失調症は誰にでも、言うなれば、小さな子供から年配者も患う可能性を秘めている病気である点です。例えば、ネット環境が整い、パソコンやスマホなどを利用する方は急増しています。長時間に渡って行う作業によっては、自律神経のバランスが崩れ失調症になりやすくなります。背中が丸くなり、首が後ろにつまる姿勢も近年、見受けられる光景です。後頭部や首がつまることは、自律神経の反射部と合致しているため、この部分に刺激されてストレスを溜め込みやすくなります。また、光の刺激も自律神経に直に結び付いており、興奮状態となる交感神経が上昇し、長い時間続くことにより、次第に自律神経失調症となる病気に誰もが陥る可能性が出てくるため、メンタル面だけではないことが注意点となります。